花粉症減感作療法の費用と料金

花粉症減感作療法の費用と料金のご紹介です。花粉症が重症で、幾ら治療のために薬を飲んでも治らないですとか、,副作用が怖くて薬を飲みたくない場合に、少量の皮下注射を続けることで花粉症の症状を改善することが出来る治療方法が、花粉症の減感作療法です。

費用、料金も高価と勘違いされている方も多いようですが1回の費用はとてもお安いです。3割負担の方で一回の注射の料金は500円前後です。

また、痛みも細い針での注射ですから、痛みはほとんどないと云っても良いでしょう。花粉が飛散しない頃から、5月〜8月までに減感作療法を開始すると、次の年の花粉症の症状は改善され、その後継続することで完治する可能性もあります。

◆花粉症減感作療法の治療
この治療法の病院は、まだ国内でも少ないですが、内科や耳鼻科、アレルギー科などの医院や病院で行っています。

最初は週1回程の通院が数ヶ月必要ですので、通院が可能であるのか、仕事などのスケジュールと合わせ開始しないと途中で治療を断念して効果も有効でなくなる怖れがあります。

花粉症の治療を減感作療法で行うには、根気よく通院して治したい意思が強くないと長続きしません。

減感作療法によるこの治療は、花粉症の症状が重度で睡眠障害など、日常生活に支障がある方には大変に適した療法です。

普通は20回程注射すると効果を自覚出来ることが多く、医師によって、計画的に慎重な治療が行われるならば副作用はほとんどありません。

注射の効果は必ずしも週1回でなくても、都合で週2回したり、逆に2週以上の間を空けたとしても、続けてさえいれば効果の程は期待できます。

◆花粉症 減感作療法の費用
医療保険が使える唯一の根本的な治療法(体質自体を改善する治療)は現在この治療だけです。

有効な方法で低額(3割負担の方で一回500円前後)にもかかわらず余り知られてないのが実情のようです。

減感作療法だけで症状を全く完治するには、少し年月を必要としますが、最悪の症状の回避や、副作用、薬を減らすことなどを目的とすれば、1期間の治療である約半年間でも、かなりの効果が期待出来ると思います。
   
posted by kafunsyou09 at 23:10 | 花粉症予坊 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の治療(減感作療法の注射)

花粉症治療の減感作療法をご存知でしょうか?「花粉症予防|食べ物と花粉症(予防・対策)」の今回は、治療の1つ減感作療法をご紹介いたします。

◆減感作療法 アメリカで広く行われる治療
減感作療法とは、体をアレルゲンに慣れさせる治療方法です。
アレルギー症状の原因物質のエキス(スギ花粉など)を、体内に少しずつ、長い時間をかけ注射をしていき、体自体をアレルゲンに慣れさせてアレルギー(花粉症)症状を解消する治療法です。

◆花粉症の治療 減感作療法のデメリット
この減感作療法には即効性がなく、長期(1〜3年)に渡り、月に数度も注射を打つことになりますから、根気と忍耐がいります。まだ日本では花粉症の治療法としている方も少なく、また、治療を行う医師や病院も限定されるなど難点が多いのが現実です。

通院することが時間的に困難であったり、注射嫌いな子供などでは継続出来ずに途中で減感作療法を断念してしまうことも少なくないようです。

減感作療法は、注射のために月に数度も通院しなければならない欠点がありました。治療終了までに注射の数は100回以上も必要ともいわれています。これらの障害を解消した治療方法が、現在のスリット減感作療法と云うわけです。

◆花粉症の治療 スリット減感作療法のメリット
治療が成功すれば、以降は薬なしの対処が期待出来ると注目される治療法です。

このスリット減感作療法は注射タイプではありません。アレルゲンなどの抗原エキスを2分間程度口に含むだけで良い画期的な治療です。この方法は舌下投与をするため、「舌下減感作療法」とも呼ばれています。

この治療ですと、注射の痛みもないですし、抗原エキスの服用は注射と異なり自宅で行えますから、通院回数も大幅に軽減できます。

従来の注射による減感作療法ですと、ショック症状などの副作用が起こることも稀にありましたが、この「舌下減感作療法」は副作用も少ない大きな利点があります。

しかし、どの病院でも受けられる治療ではありません。
日本では減感作療法を行う病院や医師はまだ少なく、どこの病院でも受けられるという治療ではありません。


posted by kafunsyou09 at 11:34 | 花粉症 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。