花粉症 注射の副作用

花粉症のレーザー治療や減感作療法の注射など、様々な花粉症の治療対策を病院で受けることが出来ます。どれも効果は大きいものの万全ではありません。

花粉症の注射1本で!この辛い季節を乗り切れてしまう効果絶大の治療・魔法の注射があるのです。

◆花粉症の注射 ステロイド
この花粉症の注射はステロイドホルモンの「ケナコルト」と云われる注射で花粉症の症状「目のかゆみ、のどの痛み、咳、鼻みず、くしゃみ」などに素晴らしい効果があります。

花粉症に「ケナコルト」を使えば名医になれると云う程の効果で「注射1本で花粉症に効果」も大げさではないようです。ステロイドホルモンの注射「ケナコルト」は花粉症の症状に確かな効き目があることは専門家も認めるところです。

◆花粉症に効くケナコルトの副作用とメリット
花粉症が注射1本で!と云われるステロイドホルモン「ケナコルト」の注射は、効き目は大変に効果的ですが「副作用についても知っておく」必要があります。

ケナコルトを筋肉注射すると、身体の中の濃度が数時間で上がり、3週間ほど体内に止まります。これは3週間ほど効果が継続すると云う事です。

症状が軽症なら、効果が強力ですから花粉飛散の初期に、1度打つだけで、花粉症の様々な症状と縁が無くなります。劇的な効果で不快な状況を抑えられることから、ケナコルトの注射を行う医師は評判が良くなり、遠方から来院される患者さんが増えるそうです。

ケナコルトの注射を望む患者さんが多いのも納得出来ますね。薬を毎日飲み続けなくていいし、通院も回数もシーズン中数回ですから、医療費も安く上がりますし、何と云っても通院が少ないことは助かります。
※月に1本の注射代と30日分の薬代を比較するとだいぶ安い。

花粉症への効果 人体への副作用
【ケナコルトを使う医師】
・シーズン中に1〜2回程であれば”副作用はそれほど起こらない”
・症状を確実に抑え生活への支障を無くす方が大事。
【ケナコルトに反対の医師】
・ステロイドの作用が持続するのは好ましくないという批判
・生活への支障をきたすほど症状が重度な場合には1回の注射では済ままない。
・その場合には、打つ回数を増やす必要があり、それだけ副作用の危険性も高くなる。

※最近では研究開発が進み、効果の高い新しい薬が多く開発されているため「抗アレルギー薬」「点鼻のステロイド薬」などで症状が抑えられることが多く、副作用の危険性が高いケナコルトは批判されている。

※花粉症で、大変症状が重く、どうしてもステロイドに頼らなければならない場合もあるが、その場合でも、体内に長期間残るケナコルトよりも内服薬を選択することが最近では多い。専門医の元での注意深い治療が必要。

花粉症の症状は実に辛いものです。対処法だけではなく長期に亘って、食べ物からの体質改善の対策が重要です。

posted by kafunsyou09 at 15:44 | 花粉症予坊 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症 皮膚のかゆみ/顔・首・耳の皮膚

花粉症の目立つ症状には、鼻の症状と目の症状がありますが、その他にも花粉症の皮膚のかゆみが見られます。眠れないほど「かゆい」かゆくて熟睡出来ません。

花粉症の皮膚がかゆい「かゆみの症状」は顔、首、耳などの皮膚の痒みとなって現れます。

そのかゆみが全身の皮膚に及ぶこともあるようです。のどの奥の痒みがそうであったように、耳の穴の中までかゆくなりとても辛い花粉症の症状のひとつです。


花粉症の皮膚のかゆみ(顔・首・耳の穴の中)
関東北部では皮膚のかゆみが出やすいと云われます。
花粉症で皮膚がかゆくなる原因には、花粉が直接的に皮膚に付着することが原因となる場合と、鼻や目の症状から皮膚の痒みが起こる二次的な症状のケースが考えられます。

花粉が皮膚に付着すると、皮膚にかゆみが発生したり、肌荒れが起こり、重度になると炎症を起こす場合もあります。露出部分が多い顔や首の部分に比較的多く、耳の穴の中にかゆみが発生することもあります。

皮膚は元来、花粉アレルギーを起こす臓器とはなり難いと云われますが、花粉が大量に飛散する状況にある関東北部では、皮膚に直接ついた花粉の成分を吸収してしまい、かゆみの症状を発症することが多いようです。

◆花粉症の症状 皮膚や耳に肌荒れの症状
洋服などで保護されず、外気に晒されている部分の皮膚(首・顔)や耳に肌荒れや、痒みが起こりやすくなります。

花粉が大量に飛散する日などは、特に、顔、首、髪の毛、耳の穴の中などは花粉が大量に付着してしまう可能性がありますから、不用な外出を控えるなどの注意が必要になります。

大量に付着した花粉は徐行徐々に皮膚に浸透して行き、肌荒れを引き起こしてしまいます。

症状的には「化粧ののりが悪くなる」「顔が赤く腫れぼったくなる」
「皮膚がピリピリする」「顔が火照る」などの感じです。

まぶた(瞼)や首など、皮膚が柔らか居部分は、特に肌あれが起こりやすい部分であると云えます。

さらに、まぶたは化粧品や涙により、首は汗の刺激などを受け肌荒れを重度にしてしまいがちです。もちろん猛烈なかゆみ症状を伴う事も少なくはありません。

耳の穴の中は更に厄介で、付着した花粉や鼻から入り込んで来た花粉により、猛烈にかゆい「かゆみが耳の穴の中」で起きることがあります。


posted by kafunsyou09 at 00:50 | 花粉症 症状と予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。