花粉症 2010年の傾向 

花粉症 2010年の傾向と対策についてご紹介いたします。

2010年の花粉症の傾向は、2009年夏季の気象状況に大きく影響されます。

花粉症の代表的なスギ花粉の飛散量は前の年の夏の平均気温に左右されると言われています。


【送料無料】アレルギー性鼻炎、花粉症の漢方薬ホノビエン錠 300錠(33日分)【第2類医薬品】


   ◆2010年の花粉症の傾向は?◆

[スギ花粉の飛散と前年夏季の平均気温の関係]

■夏の平均気温が高い場合 ⇒飛散量は増え多くなる^^;

■夏の平均気温が低い場合 ⇒飛散量は減り少なくなる^^


[2009年夏季の平均気温の推移]

昨年の夏を思い出して見ましょう。

2009年の夏の温度は、例年と比較して、気温の推移がやや低くめであったと言えます。

花粉症の原因であるスギ花粉の飛散量は、今のところ2010年は少ないのであろうと予想されています。

花粉症をの、咳、喉の痛み、目の痒み、鼻水、クシャミなど辛い症状に悩まされる方には、今年のスギ花粉飛散予想はとても朗報と言えます。


花粉症の症状は、当然ですが花粉の飛散量に影響されます。

しかし、軽減されたといっても辛いことには変わりはありませんよね。

幾分、症状がやわらいで楽になっても花粉症であることには変わりません。普段からの食生活などを見直して体質改善することも大切なことですね^^

「花粉症予防|食べ物と花粉症(予防・対策)」の今回は今年のスギ花粉の飛散量のご紹介でした。

関連記事:花粉症 動物性たんぱく質で悪化


posted by kafunsyou09 at 13:04 | 花粉症 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。