花粉症 皮膚のかゆみ/顔・首・耳の皮膚

花粉症の目立つ症状には、鼻の症状と目の症状がありますが、その他にも花粉症の皮膚のかゆみが見られます。眠れないほど「かゆい」かゆくて熟睡出来ません。

花粉症の皮膚がかゆい「かゆみの症状」は顔、首、耳などの皮膚の痒みとなって現れます。

そのかゆみが全身の皮膚に及ぶこともあるようです。のどの奥の痒みがそうであったように、耳の穴の中までかゆくなりとても辛い花粉症の症状のひとつです。


花粉症の皮膚のかゆみ(顔・首・耳の穴の中)
関東北部では皮膚のかゆみが出やすいと云われます。
花粉症で皮膚がかゆくなる原因には、花粉が直接的に皮膚に付着することが原因となる場合と、鼻や目の症状から皮膚の痒みが起こる二次的な症状のケースが考えられます。

花粉が皮膚に付着すると、皮膚にかゆみが発生したり、肌荒れが起こり、重度になると炎症を起こす場合もあります。露出部分が多い顔や首の部分に比較的多く、耳の穴の中にかゆみが発生することもあります。

皮膚は元来、花粉アレルギーを起こす臓器とはなり難いと云われますが、花粉が大量に飛散する状況にある関東北部では、皮膚に直接ついた花粉の成分を吸収してしまい、かゆみの症状を発症することが多いようです。

◆花粉症の症状 皮膚や耳に肌荒れの症状
洋服などで保護されず、外気に晒されている部分の皮膚(首・顔)や耳に肌荒れや、痒みが起こりやすくなります。

花粉が大量に飛散する日などは、特に、顔、首、髪の毛、耳の穴の中などは花粉が大量に付着してしまう可能性がありますから、不用な外出を控えるなどの注意が必要になります。

大量に付着した花粉は徐行徐々に皮膚に浸透して行き、肌荒れを引き起こしてしまいます。

症状的には「化粧ののりが悪くなる」「顔が赤く腫れぼったくなる」
「皮膚がピリピリする」「顔が火照る」などの感じです。

まぶた(瞼)や首など、皮膚が柔らか居部分は、特に肌あれが起こりやすい部分であると云えます。

さらに、まぶたは化粧品や涙により、首は汗の刺激などを受け肌荒れを重度にしてしまいがちです。もちろん猛烈なかゆみ症状を伴う事も少なくはありません。

耳の穴の中は更に厄介で、付着した花粉や鼻から入り込んで来た花粉により、猛烈にかゆい「かゆみが耳の穴の中」で起きることがあります。


posted by kafunsyou09 at 00:50 | 花粉症 症状と予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。