花粉症 のどのかゆみ・喉がかゆい

花粉症の症状で、今の時期はのどのかゆみ、喉がかゆいで夜も熟睡できずにお困りの方も多いと思います。

かゆいとのどで空咳をやってしまいがちですので、のど(喉)の奥を見ると血管が充血して赤く浮き上がっています。花粉症「のどのかゆみ・喉がかゆい」症状についてのご紹介です。

病院で処方されたイソジンで、喉(のど)の奥の痛みは治っても、猛烈にかゆい痒みだけ消えず辛いですよね。猛烈にかゆい!

◆花粉症 のどのかゆみ、のどがかゆくて眠れない症状
のどがかゆくてと云う花粉症の症状で夜も熟睡出来ない状態が続く。
「アレルギー性咽喉頭炎」と云う新しい概念もあったり「喉アレルギー」などとも呼ばれ広い範囲を示します。

専門家によりますと最近では文献でも「咽喉頭アレルギー」「喉アレルギー」などとも書かれ、呼ばれてているそうですよ。

秋になって鼻の症状はまったくないのに、喉のいがいがや、のどのかゆみ、長く続く咳だけで病院に通われる方も多いそうです。

なんらかのアレルギーが、秋〜冬にかけて喉(のど)に起こり、かゆくて眠れないなどのかゆみを起こしてるのではと考えられます。

治療方法としては「正しいうがいの励行」と、抗アレルギー剤を用いたり、漢方薬や、エアロゾル(喘息の薬)や、吸入療法をすると良くなっていく例が多いそうです。抗アレルギー剤でかなりが改善されます。

アレルギー性咽喉頭炎ですと、喉(のど)が乾きやすいですから「イガイガ」感や、かゆみ、さらに微熱まで伴うこともあります。慢性咽喉頭炎になったり。鼻炎合併の例もあるそうです。

花粉症の方は喉(のど)に異常を感じたら、早めに一度は耳鼻科に行かれた方が安心ですね。

食べ物による体質の改善は、予防にも症状の対策にもとても大切なことですから、食生活や生活習慣を見直してみるのも良いことです。
posted by kafunsyou09 at 00:49 | 花粉症 症状と予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。