花粉症の予防薬と治療薬

花粉症の予防薬と治療薬についてのご紹介です。花粉症の予防と治療の対策は食べ物での体質改善が基本ですが、苦しい、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳(せき)など、それぞれの症状に薬が有効で効果的であることは間違いありません。

しかし、予防薬にしろ、治療薬にしろ薬である以上は当然として副作用が問題になってきますし、妊娠中であるなら更に問題は深刻です。

◆花粉症の予防薬と治療薬
花粉症の薬は実に多くの種類があり、民間療法的な物には、治療効果の疑わしいものもあります。予防薬・目薬・鼻炎薬などの副作用及び点鼻薬についてご案内いたします。

■花粉症の予防薬と副作用
花粉症の症状を軽減する薬は、大きく分けて、市販薬と処方箋薬の二通りがあります。

薬局などで市販さる花粉症の諸症状に効果的な薬は、それぞれの症状を緩和するには効果のある対処法の薬です。花粉症の症状には、くしゃみ・鼻水・咳など多々ありますが、もし、鼻水を止めたいのならば、症状別に販売されている薬を飲めば鼻水は止まりますから、効果はあります。

しかし、花粉症を治すことではありません。また、鼻炎の薬の中には猛烈な睡魔に襲われるものも有りますから、運転や仕事への支障を考慮して服用しなければなりません。

一方、処方箋よる薬は病院で医師の診察を受け、個個人の体質や個々の症状に合った処方薬になります。花粉症の時期前に病院で診察を受け、花粉症の予防薬について医師と相談をすることは、自分に最適な予防と対策を可能にします。

花粉症の、鼻水やくしゃみ、涙などの症状を抑える対処法の薬だけではなく、花粉症の発症を抑止するような予防・治療薬を処方して貰えるからです。早めに病院で、自分の症状・体質あった薬を処方して貰うことです。また、持病薬の服用や、妊娠中であることを告げて、副作用についても専門医に相談すれば安心です。

■花粉症の目薬と鼻炎薬
花粉症の症状を緩和する薬の種類は色々ありますが、花粉症の薬の中でも特に需要が多いのが目薬と鼻炎薬だそうです。花粉症の目のかゆみは猛烈な痒みです。現代人は、パソコンやTVなどを見る時間が長いので、普段から、疲れ目による充血や結膜炎の症状の方も多く、その症状に痒みが加わるわけですから、とても辛いもんです。

かゆみに負け目をこすりますと、花粉が眼球を傷つけてしまうこともあります。花粉症用の目薬は、痒みを止めるのにとても効果的です。

また、花粉症で辛い症状は、鼻水と鼻づまりによる息苦しさで、更に口呼吸で喉の粘膜をも傷つけてしまいます。鼻炎による鼻づまりは、睡眠障害や、集中力を妨げて、とても身体を疲労させてしまいます。

花粉症の方は、その悩み解消のために鼻炎薬を服用する方が多いようです。花粉症の鼻炎薬には強い効果が認められますが、強い眠気を誘います。副作用のうえからも連続服用を制限している薬もありますから、服用には充分注意されてください。

■花粉症 鼻炎薬と点鼻薬について
花粉症の鼻炎薬にも多くの種類がありますが、今回は、花粉症の点鼻薬についてご紹介します。

花粉症の薬を見ますと、飲み薬タイプや、目薬、点鼻薬、喉スプレーなどのように直接患部に用いるものとがあります。飲み薬系の花粉症の薬は、体内の免疫系の反応それ自体を抑える作用のものが多く、鼻炎だけではなく目、喉など症状全てに効果がありますが、効きめが強力なために、喉が渇いたり、鼻が乾燥したり、急激な眠気に襲われるなどの副作用も強いようです。

花粉症の症状には、とても効果的すが強い眠気などの副作用を考え服用には注意が必要です。運転を仕事をされている方は、帰宅後にしか服用できませんし、他の仕事でも薬からくる強烈な眠気は仕事の障害になります。

そこで使用されるのが点鼻薬です。点鼻薬とは直接鼻腔に噴霧して、鼻の血管に作用して鼻づまりを解消する薬です。点鼻薬は眠気を誘いませんから、運転の前や、仕事中の方には、飲み薬よりも点鼻薬がオススメですし安心出来ますね。
posted by kafunsyou09 at 13:33 | 花粉症の予防薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。