花粉症 治療とレーザーの効果

花粉症 治療とレーザーの効果についてのご案内です。花粉症レーザー手術による治療は効果があるのでしょうか。また、副作用の心配はないのかなどの疑問にお答えいたします。

国民病とさえ言われている花粉症ですが、画期的な治療法もなく、罹患者は毎年、花粉症の症状である目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、咳(せき)などに苦しみ悩まされている状態です。まるで花粉症は年中行事ですから辛いですよね。効果的な解消法、改善対策はないものでしょうか?

◆花粉症のレーザー手術とは
花粉症はアレルギーですから、根本的な治療には食べ物による体質改善が一番のようですが、薬や手術による治療法もあります。

治療薬はともかくも。手術となると怖いですよね。
しかし、花粉症のレーザー手術は、とても簡単な治療法で効果も高く、副作用もほとんど認められません。費用も数万円ですし、時間も数十分程です。

花粉症レーザー手術が、良くテレビ番組で放映されていますが、紹介されているのは、ほとんどが「アルゴンプラズマ凝固法」と云う手術です。

※アルゴンプラズマ凝固法とは、アルゴンガスを使って、鼻内の粘膜を焼却する方法です。新しい粘膜(若い)が再生される訳です。

◆治療の効果あるのか!
この花粉症レーザー手術で効果はあるようですが、花粉症の症状が解消するかと云うと必ずしもそうではないようです。効果にも個人差がありますし、治療後しばらくすると花粉症は再発します。

花粉症の再発は、個人差もありますが、1年〜3年程度が実情のようです。

しかし、大きく治療効果が認められる花粉症レーザー手術です。症状の解消とまではいかなくても、体験例を上げますと、鼻づまりに効果があるスプレーを用いても効かず、鼻の粘膜が肥大化するほどの花粉症の方でも「鼻づまりの症状がほとんどなくなくった」「鼻水も止まった」と云いますから、辛い症状が解消しないまでも大きく軽減する事は事実のようです。

◆花粉症レーザー手術の手順と費用
まず、@麻酔薬の染み込んだ綿を鼻に詰めます。A椅子に座った状態で、鼻の粘膜を医師がレーザーで少しずつ焼いていきます。

何か痛そうですが、子供でも泣かない「チクッ」とする程度の痛みで、歯の治療よりも楽に受けられる手術だと体験者の方は云います。

花粉症レーザー治療は鼻の粘膜を焼きますから「鼻の中が傷ついた状態」になります。したがって、しばらくの間は鼻水が止まらない状態になりますが「かさぶた」が出来、1〜2週間してかさぶたが剥がれますと、花粉症の辛さは、まるでウソのように軽減されたといいます。

花粉症の症状が「解消」する例はさすがに少ないようですが、治療を受けたほぼ全員の方が効果があったと認めているそうです。
花粉症レーザー治療(手術)の費用は意外に安いですよ^^
手術代と薬代などを合計しても数万円程ですし、治療時間も数十分で終わるそうです。

◆病院選び
体験者の効果を効くと花粉症レーザー手術を受けずにはいられない気持ちになりますが、効果果に個人差があることを理解した上で、簡単な手術だと云ってもきちんとした良い病院を選ぶことも重要です。
【花粉症 治療の最新記事】
posted by kafunsyou09 at 12:18 | 花粉症 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。