花粉症 咳と痰(せき・たん)

花粉症 咳と痰(せき・たん) の対策についてのご説明です。花粉症の咳の症状は風邪とは違いますが、痰(たん)・頭痛・熱などを伴う花粉症の咳(せき)もありますから、風邪の症状と見誤りがちです。

「花粉症予防|食べ物と花粉症(予防・対策)」の今回は「咳と痰の症状」です。

花粉症の咳と痰は風邪ではないのですから、咳が止まらないような場合には、花粉症の咳の治療が必要になってきます。

風邪と違うのですから、「花粉症の咳の対策」での適切な処置、治療が大切です。


◆花粉症 咳・喉の症状と対策
・喉がかゆい、痛む、腫れる、咳き込む
・喉がカラカラに乾燥して、咳を伴う(特に起床時が激しい)
・喉にゴロゴロと異物感、イガイガ感で咳(せき)が出る

花粉症では、個人差はありますが、まず、鼻と目に症状が表れます。
その理由ですが、鼻と目は花粉の付きやすい粘膜部分を常に露出しているからです。

鼻の症状
・くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3大症状
・鼻がむず痒くなる、鼻の周りが赤く腫れ上がり痛みを伴う
・鼻血が出る場合もある
・匂いに鈍感になり、鼻息に熱感を感じる
・鼻中が乾燥により、カサカサ状態になる

目の症状
・目かゆみが激しく、目が充血して目に灼熱感をかんじる
・光が眩しく、涙が出て、目ヤニも伴う

※鼻の影響で、耳に症状が現れることもありますが、耳の中耳部分が耳管で鼻の奥と通じているためなのです。

耳の症状
・耳の奥に痒みがあり、耳閉感を感じる


不快な花粉症の症状は喉・舌・口・気管支などにも現れます。これは、鼻づまりがひどい状態では常に口で呼吸するためです。そのために、喉や口内が乾燥して炎症を起こしやすい状態になるからです。
特に起床時の喉や口内の乾燥はひどく、痛みを伴います。

花粉が喉や気管支に侵入して刺激するため、喉のかゆみや、むずむず感
で「咳・痰(たん)」が出ます。

気管支の症状
・咳、痰、不快感や閉塞感を覚えます
・ゼーゼーヒューヒュー(ぜい鳴)する息苦しさがあります

◆花粉症 咳・痰は鼻の症状が原因(後鼻漏)
花粉症なのに、ひどく咳き込むようになり咳が止まらないと、何か他の病気ではと疑いたくなってしまいますよね。
咳(せき)や痰(たん)には、色々な要因がありますから正確な診断は専門医の診察が必要です。

花粉症の咳・痰の原因としては「後鼻漏(こうびろう)」が上げられます。後鼻漏は咳が主な症状です。花粉症に関係して、鼻の症状が原因で咳が出ることを理解しておきましょう。

■花粉症の咳と後鼻漏についいて
花粉症の咳(せき)は、副鼻腔炎(蓄膿症)を発症することによって作られた鼻汁(鼻水)が、鼻の後ろから少しずつ咽喉頭(のど)に流れ落ちていきます。その鼻水の刺激が原因で咳が出る状態になるのです。

アレルギー性鼻炎の場合も同様なことが考えられます。「後鼻漏」は一つの病気を云うのではなく、鼻の様々な病気によって起こった状態を云います。

症状的には、鼻汁や鼻閉(鼻づまり)の症状などと起こってくる、咳や喉(のど)の「ムズムズ」「イガイガ」感じ」す。鼻の症状と感じないことが多いのは、鼻汁が鼻の穴から出ないあらでしょう。

花粉症の痰(たん)は、喉(のど)に流れ込んだ鼻汁を「痰が増えた」と感じることにもあります。

咳、痰が出るという症状からも、咳喘息と診断をされることもあり得る後鼻漏ですが、喘息の方が鼻炎を併発すると、後鼻漏も起こるため、診断・治療に苦労するそうです。

posted by kafunsyou09 at 10:21 | 花粉症 症状と予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。