甜茶の飲み方|効果的な淹れ方

甜茶の飲み方も効果的な淹れ方があります。「花粉症予防|食べ物と花粉症(予防・対策)」の今回は、様々な症状に効果的なお茶(べにふうき緑茶、日本茶など)から、甜茶の飲み方と効果的な淹れ方をご紹介いたします。

◆花粉症に効く甜茶の淹れ方とカロリー
効果的な淹れ方は、沸騰したお湯で煮出す(3〜5分。・商品の指示に従ってください)ことです。甜茶の有効成分であるポリフェノールを十分に抽出することが出来ます。

十分に甜茶のポリフェノール抽出出来たか否かは、甜茶の甘みの強さで判断できます。甜茶のカロリーは100g:2kcaですから、甜茶をがぶ飲みしても心配いりません。甜茶の甘み成分には甘味成分ステビアと似た「甜茶糖(ルブソシド)」が含まれますが、カロリーの少ない天然の甘味成分で、カロリーが体に吸収されにくいので安心できます。


◆甜茶を有効に飲む飲み方
甜茶の効果は、お茶の中では即効性があると云われていますが、花粉が飛散始める2週間ほど前から飲み始めて、量的には最低でも1日に3回、朝昼晩と分けて飲むと効果があるといわれます。

お茶は全てがそうですが、甜茶も薬ではありませんから、1年中飲んでも何ら害はありません。カフェインも含まれませんから、就寝前でも安心して飲むことが可能です。副作用もなく、年輩の方やお子様でも大丈夫です。

甜茶はお茶でミネラルバランスも良く体質改善に役立ちます。花粉症に効く甜茶のキャンディーやサプリメンも販売されています。花粉症に限らず1年を通して飲まれることがオススメです。


甜茶の甘み成分は 花粉が飛ぶ2週間以上前から飲むと非常に効果があることは実証されていますが、発症後の服用効果は6,7パーセント、花粉飛散の2週間以上前から服用すると効果率53.3パーセントと云う報告もあります。

抗アレルギー効果を期待する量は、甜茶エキスとして一日120mg程度が必要であると云れていますが、製品に成分の分量が表示されていない場合には「お召し上がり方」に従って下さい。

甜茶はアレルギー性鼻炎や花粉症の予防対策・症状緩和などに有効でポリフェノールによって炎症を抑える効果があります。その他にも、甜茶の効能は、解熱、肺の乾きを癒したり、痰、咳を止めるなどの風邪症状にも効果があるようです。お茶にしては即効性もあります。

甜茶の「甜茶ポリフェノール」はヒスタミンなどの抑制効果があり、細胞からのヒスタミンの過剰分泌を抑えてくれます。甜茶ポリフェノールによるヒスタミンの過剰分泌抑制は証明済みです。

甜茶の効果は、1型アレルギー、アレルギー性鼻炎、ハウスダストアレルギーなど、更には気管支喘息 じんましん、アトピー性皮膚炎などにも効くと期待されています。

◆甜茶の購入と花粉症対策の注意点
愛飲する甜茶の選び方には気をつけなければならないことがあります。
甜茶お云っても、元々数種類ありますので、「バラ科の甜茶」を選ぶことです。

※花粉症に効果ある【甜茶ポリフェノール】を含むのは、【バラ科の甜茶】だけなのです!!

甜茶名の商品でも、他の原料とのブレンド品であったり、「バラ科の甜茶」ではない製品で有り得る可能性もありますから、よく確認してから購入するようにしましょう。サントリーの甜茶は評判も良く人気も高いようです。


※薬や他のサプリメントを服用している場合には医師や薬剤師に相談されてから飲むと安心ですね。また個人差により体に合わない場合もあるのます。しかし、食品ですから一般的には、甜茶の飲用に神経質になる必要はありません。
posted by kafunsyou09 at 09:22 | お茶で花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。