花粉症の症状 咳(せき)

花粉症の症状 咳(せき)のご紹介です。花粉症の症状は主に、4大症状でと云われている「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」などに代表されますが、花粉症の症状も飛散初期においては、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状が多いようですが「鼻づまり」は飛散ピーク時より遅れ、飛散後期に症状が出ることが多いと云われています。

花粉症の症状である鼻や目などの異常は肉体的ダメージだけではなく、これらに症状を起因として、慢性的な睡眠不足ですとか、集中力の欠如、不快感から生じるイライラ感、更には食欲不振や、気分憂鬱で周りへ思わぬ悪影響を与えてしまうこともあります。

花粉症の症状では、一見風邪,喘息に似た症状も起こることがあり、気管支喘息の発病や、喘息の方は喘息の発作を起こすこともありうるのです。関係ないようですが、便秘や下痢などの消化器系症状もおこりますし、片頭痛などもあります。

花粉症患者の約8割がスギ花粉症と知っていましたか?
スギ花粉による花粉症の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や のど(喉)のかゆみに始まり、咳(せき),頭重感,頭痛,不眠,せき),不定愁訴,身体や顔のほてり,イライラ、胃腸の不調,倦怠感や発熱など、体の、それぞれの場所に花粉症の症状を惹き起こします。

◆花粉症の症状(咳・せき)は鼻の症状から改善
春先に起きる花粉症の多くはスギ花粉によるものと云われます。症状としては、目のかゆみ,くしゃみ,鼻水,鼻づまりなどが典型的ですが、咳(せき)の症状がでることも比較的多いようです。

花粉症の症状による咳(せき)は、痰を伴わない軽い咳(せき)が多いのですが、激しい咳である場合も少なくはないようです。昨年も同じ時期に咳の症状が出ていれば、花粉症によるものである可能性があります。

花粉症の症状としての咳(せき)の原因は、スギ花粉によって起きたアレルギー性の炎症が、鼻だけでなく、のどやであるとか、奥の気道にも起きるるためだと考えられます。

花粉症の症状えある鼻づまりで、口呼吸になりますと、これらに炎症が起こり易くなってしまいます。鼻の奥から鼻汁がのど(喉)へ流れることも咳(せき)を誘発する要因となります。

対策の治療は、花粉症からくる「鼻症状」を改善させることです。「ステロイド剤の点鼻」「抗アレルギー薬」を使用しますと、普通はこれで、咳(せき)症状も治まってきます。

鼻症状が治療で治っても、咳の症状が出るようなら、ほかの原因による咳の可能性もありますから、呼吸器内科を受診されてください。

花粉症予防と対策の基本は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や、のどのかゆみ、咳(せき)などの各種症状の緩和・治療も大事ですが、食べ物や、生活改善による体質改善にあり、とても大切なことです^^
posted by kafunsyou09 at 02:08 | 花粉症 症状と予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。