べにふうき緑茶の効果(花粉症)

べにふうき緑茶の効果(花粉症)が話題になっています。べにふうき緑茶のメチル化カテキンを配合したお菓子を「森永製菓」が開発したり、アサヒ飲料はべにふうき緑茶を販売して、その効果が期待されています。

花粉症の予防と対策、症状の改善に効果ありと知られる食べ物・食品には「お茶」の類が多く、摂取方法も簡単なところから人気を集めています。

そんなお茶の中で、特に、花粉症に効くお茶として知られるお茶は、緑茶,甜茶,凍頂烏龍茶,柿の葉茶,ドクダミ茶,ハトムギ茶,シジュウム茶,ルイボス茶,そば茶,ヨモギ茶,タラ葉茶,スギナ茶などで数多くありますが、最近新たに注目されているお茶が「べにふうき(紅富貴)緑茶}です。

◆べにふうき緑茶とべにふうきの紅茶の誕生!
広くマスコミにも取り上げられ、花粉症対策の予防や、症状の改善に効果が期待されています。べにふうき茶は、日本の「べにほまれ(紅誉れ)」というお茶と、中国系の「ダージリン」を交配して作られた紅茶用の茶樹です。

紅茶用ですから、緑茶と比べると渋み,苦味が強いのが特徴ですが、花粉症などアレルギー症状の改善効果が期待されているカテキンの一種「メチル化カテキン」と抗アレルギー成分である「ストリクチニン」を含んでいます。

最近では、飲料のお茶としてだけではなく、べにふうきのカプセルや、メチル化カテキンを有効利用したべにふうきマスクなども開発されています。花粉症の症状の緩和、予防と対策に多くの効果・効能が期待されます。

◆べにふうき緑茶の効果 花粉症対策
花粉症などのアレルギー症状の改善効果があると期待される「メチル化カテキン」はべにふうきなど一部の品種の緑茶、茶葉にだけ含まれている有効成分です。

べにふうき緑茶の「メチル化カテキン」含有量は、凍頂烏龍茶に含まれている量の4倍以上であると云われています。

メチル化カテキンの含有量の多さから、べにふうき緑茶を飲んだ約半数の方が、花粉症の症状に改善が見られたという実験報告もあります。
現在では、更に飲みやすく商品開発されていますから、日頃の食生活に取り入れて欲しいお茶ですね。

◆花粉症に効くお茶の選び方と飲み方
ところで、花粉症の予防と対策にどのお茶を選ぶかです。効果は個々人のお茶との相性があるようです。色々と、数種類のお茶を試した上で自分に最も合ったお茶を見つけけることが大切です。

また毎日継続して、習慣的に飲むことも大事なことなのです。甜茶のように即効性のお茶もありますが、薬や、注射ではないので明日にも効果が実感出来ると云う訳ではありません。継続してこその効果なのです。

お茶を継続して飲み続けることで、花粉症の改善や、症状の緩和が実感出きるのです。食べ物・食品による花粉症の対策は、本来は体質改善が目的なのだと思います。お茶は健康に良い各種の有効成分が含まれていますから、花粉症に限らず健康のためにも愛飲したいですね^^勿論、べにふうき緑茶も無農薬が前提ですよ!
posted by kafunsyou09 at 22:42 | お茶で花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。