花粉症 動物性たんぱく質で悪化

花粉症の人は肉食に注意が必要です。花粉症は動物性たんぱく質で悪化する恐れがあります。

肉食というのは、ここでは動物性たんぱく質を多く含む食べ物・食事のことです。

花粉症の方が動物性たんぱく質を多く摂取すると、花粉症を悪化させる可能性があると報告されています。

花粉症の予防と対策には食生活・食べ物への配慮が必要です。


花粉症が、なぜ動物性たんぱく質で悪化するのかを知るために、簡単にアレルギーの仕組みを理解しておきましょう。


花粉症などのアレルギー反応は、人体に入ってくる異物に対する過剰反応なのです。


◆花粉症がなぜ動物性たんぱく質で悪化するのか?

当たり前のことですが、身体に侵入してくる異物の量が多いほど、その異物排除の反応は強くなります。

ですから、平常時に異物がどの程度体内にあるかにより、花粉症を発症した時の症状の軽重は変わってくることになります。


動物性たんぱく質は、ご存知のように摂取してから消化されるまでの時間がかかり、消化器官に長時間残ることがあります。

その未消化の残留物を人体は栄養分と見なさず、異物として認識してしまうことがあるのです。


この動物性たんぱく質は異物として認識されますから、撃退しようと、体内の免疫系は活発に作用します。


これだけではなく、肉の脂身が含む「脂肪酸」はアレルギーの症状を悪化させてしまう物質を作り出す元にもなってしまいます。

これが動物性たんぱく質・肉食が花粉症を悪化させる仕組みの簡単な説明です。


◆花粉症と動物性たんぱく質の関連

花粉症がアレルギー反応の一つとして知られ、アレルギー反応とは体の中に入ってくる異物への免疫系の過剰反応である事は先述しましたが、

■「体に入ってくる異物の量が多いほど、その異物を排除しようとする反応は強くなる」
■「身体中に存在する異物の程度により、花粉症を発症した時の症状は変わる」

花粉症の際には、摂取に注意すべき悪い食べ物は控えるべきですが、先程、動物性たんぱく質・肉食が花粉症を悪化させるメカニズムについて簡単に説明いたしましたが「異物として認識した動物性たんぱく質を撃退しようと、体内では免疫系が活発になる」と云うことがとても重要なことです。


まだ、添加物や、化学薬品など、花粉症・アレルギー症状を悪化させる物質を作り出す要因は沢山ありますので食べ物には注意が必要です。



花粉症の予防や、改善の対策に食べ物を用いるのでしたら、「継続」することが大切です。薬や、注射と違って即効性のあるものではありません。ジックリと体質改善されていくものですから、数週間単位で諦めないことですよ^^


posted by kafunsyou09 at 03:39 | 花粉症予坊 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。