花粉症 ヨーグルト効果の嘘?

花粉症 ヨーグルト効果の嘘!?」についてご紹介します。
花粉症の症状を予防したり抑える良い食べ物と、注意が必要な悪い食べ物がありますが、花粉症対策にはヨーグルト(乳酸菌)と話題になっていますが、ある種類の乳酸菌が花粉症対策に有効であると注目されています。

乳酸菌は、微生物のひとつで有益なものです、色々な種類や特性があり、ヨーグルト,チーズなどに代表される乳製品ですとか、味噌やキムチ,ぬか漬けなどの発酵食品に乳酸菌は利用されています。

◆花粉症に効果あるヨーグルト(乳酸菌)の発見か?
飲料メーカーなどの研究開発が進み、乳酸菌に花粉症の症状を緩和する効果があることや、新しい乳酸菌の種類も発見され話題になっています。
※2002年⇒「KW乳酸菌」をキリンビールが発見。アレルギー改善作用が期待される。
※2006年⇒カルピス社は「L−92乳酸菌」が花粉症の症状「鼻のかゆみ,目のかゆみ」などに効果あることを実証。

花粉症の予防や対策として、アレルギー症状を起こしにくい環境をつくる作用は重要なことでなのです。

花粉症に有効と云われる乳酸菌ですが、全ての乳酸菌が有効であるわけではありません。また、食べ物による効果は花粉症に即効性がないものが多いように、乳酸菌も明日に顕著な効果が見られる訳ではありません。

花粉症に良い食べ物を日頃から食生活に取り入れ、継続的に摂取することが大切なのです。少なくとも花粉が飛散し始める1ヶ月以上前からヨーグルトを継続摂取することが望ましいのです。

◆花粉症とヨーグルト
アレルギー症状は、免疫系という仕組みの働きによって惹き起こされますが、花粉症もアレルギー症状の一つとされています。

アレルギー症状とは、免疫系が特定の物質に過剰に反応することで発症しますが、花粉症は、特定の花粉(スギ・ヒノキなど)を吸い込むことで、過剰反応が起こしてしまうのです。

花粉症の予防対策として、食べ物による体質改善があります。
花粉症に効果的とされている食べ物は色々とありますが、花粉症へのヨーグルト効果は広く知られています。

ヨーグルトの効能ですが、腸内に乳酸菌が到達することで「余計な細菌を退治してくれる」という作用です。ヨーグルトは体内の環境を整える作用があると云われ、ヨーグルトによって体内の環境が整えられ、花粉症に過剰反応しないようになるということです。

※厚生労働省の研究班
乳酸菌食品の花粉症緩和効果の調査
ある特定の乳酸菌粉末が含まれる食品を摂取したグループの比較で、顕著な変化はなく、最大で1段階ほど症状に差が出た時期があったと発表しています。
※しかし、体験者の口コミ情報では、かなりの症状に軽減が合ったと報告されていますから、(反対に軽減無しもあります)個人的に適合したか、しないかなのです。ヨーグルトの摂取は花粉症に限らず、他の健康効果にも良い食品ですから日常的な摂取がオススメです。
posted by kafunsyou09 at 02:02 | 花粉症予坊 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。